これからの高性能コンパクト ― 血液化学検査器 IDEXX カタリストOne 正式販売開始

 
Japan, April 01, 2016—

2016年4月1日プレスリリース

血液化学検査器
 


アイデックス ラボラトリーズ株式会社(所在地:東京都杉並区1-22-19 代表取締役:クリーブランド・ウェイチャン・エン)は、血液化学検査器IDEXX カタリストOneTMを2016年4月1日より正式に販売を開始しました。

カタリストOneは、IDEXX Laboratories, Inc. (本社:米国メイン州ウェストブルック、以下アイデックス社)がが6年の歳月をかけて、先進のテクノロジーと動物臨床検査の分野で培ってきたノウハウをコンパクトボディに結集して開発した新世代の血液化学検査器です。
カタリストOneは、病気の早期発見のために重要とされる総合的な血液化学スクリーニング検査を、検体処理準備から検査結果の確認まで、すべてのプロセスにおいて迅速かつ簡単にすることで院内での作業負担を大きく減らします。さらに、一頭一頭の総合的な検査情報の統合管理により獣医師様のより迅速な判断と、飼い主様へのより説得力のある検査結果説明をサポートします。

 

IDEXX カタリストOneの主な特長

 

専用の試薬クリップと単項目スライド ― UPC検査も迅速に院内で実施可能
カタリストOneは、スクリーニング段階で臓器系を迅速に総合的に評価できるよう必要かつ十分な項目をセットした犬用、猫用の試薬クリップを用意しました。さらに、電解質検査用、麻酔前検査用の試薬クリップ、UPC検査用、PHBR検査用の試薬スライド、患者様の病態に合わせてフレキシブルに検査項目を選択できる23種類の単項目スライドをご用意しています。

迅速かつ簡単なワークフロー ― わずか2ステップで準備完了
カタリストOneは、無駄な動きを生まないシンプルな検査作業を可能にします。①採血した検体を専用の容器に移して全血のまま検体を検査器にセット ②次に試薬クリップを取り出して検査器にセット 以上の検体準備作業はトレー上で完結します。誰でも楽に操作ができるカタリストOneは、検査作業の手間とミスを減らします。

  • 検体測定時間:約8分※(UPCは約10分、PHBRは約15分)
  • 検体処理時間:約15秒
    ※検体セット後の平均測定時間(自動遠心時間含む) ※検体濃度や状態により変動があります。

 

動物医療に特化したアイデックスならではのドライスライドテクノロジー
動物検体に頻繁に認められる干渉物質は、通常の血液化学検査や、その後の臨床的解釈に顕著に影響を及ぼす可能性があります。アイデックスのドライスライドテクノロジーは、干渉物質(脂質、ビリルビン、ヘモグロビン)を除去する「ろ過層」を追加することにより、干渉物質による検査結果への影響を最小限に抑制します。

患者毎に検査結果を総合的に一元管理・閲覧できるシステムとの連携
カタリストOneは、院内検査情報システム IDEXX ベットラボ ステーションとの接続により院内検査情報を一元管理できると共に、IDEXX ベットコネクト プラスを利用することで、アイデックス検査サービスの検査結果も統合して管理・閲覧することが可能です。
ベットコネクトプラスは、アイデックスラボラトリーズが販売する院内検査機器、外注検査サービスの検査結果データをインターネット上で統合し、共有できる無償のカスタマーサービスです。検査結果を確認するための時間や手間を削減するだけではなく、飼い主様の満足度向上にも貢献します。犬猫の健康診断等、動物医療において予防医療への取り組みが急速に進んでいる中、健康時から検査データを蓄積することの重要性がますます高まっており、インターネット上で検査結果を迅速かつ総合的に閲覧可能なベットコネクト プラスは、日本の動物医療の向上において大きく貢献するとされています。
 

 

【本件に関するお問い合わせ】
アイデックス ラボラトリーズ株式会社
コンパニオン アニマル事業部 マーケティング部
TEL:120-71-4921
E-mail:animalhealth-jp@idexx.com
〒181-8608 東京都杉並区和泉1-22-19
www.idexx.co.jp