スナップ・ハートワーム RT

より確実な判定、犬糸状虫成虫抗原検査用キット

 

 

8分間の判定時間と簡便な操作で検査でき、迅速な治療に役立ちます。
検体の最低必要量はわずか 0.1mL です。

また、アイデックス独自の「2 WAY フローシステム」により、反応膜に検体の色が残らず、明瞭な判定が可能です。

 

In-clinic heartworm assay - IDEXX Laboratories video
Dr.Atkins Report 犬糸状虫成虫抗原検査キットを用いた試験成績を動画(英語)でご覧ください
SNAP Heartworm Test

簡便な操作で短時間に判定、迅速な治療をサポート

 

  • ELISA技術 アイデックス独自の「2 WAY フローシステム」採用
  • 高い精度(高感度・高特異性)
  • 明瞭な判定(クリアな背景と見やすい青色スポット)
  • 迅速(8分間で判定)
  • 5テスト・15テスト・30テスト入りのキットをご用意
  • 2 ~ 25 ℃(室温)で保存可能

Dr.Atkins Report 犬糸状虫成虫抗原検査キットを用いた試験成績


少数寄生犬の場合でも、アイデックスのスナップ・ハートワーム RTは他社製品と比べて最も高い感度を示しました。

レポートをダウンロードしてご覧ください   Dr.Atkins Report

スナップ・ハートワーム RTのキット構成

 

 

  30テスト
 コンジュゲート 8.0 mL
 デバイス 30個
 サンプルバイアル 30個
 トランスファーピペット 30本

        

貯法 

2 ~ 25 ℃ にて保存

効能または効果

犬の血中における犬糸状虫(Dirofilaria immitis)成虫抗原の検出

使用検体

犬の血清、血漿または全血

* 全血を使用する場合には、必ず抗凝固剤(EDTA、ヘパリン等)を
   加えること。 
* 血清または血奨の場合、新鮮、凍結および冷蔵(2 ~ 7 ℃)保存され
 たものいずれも使用できる。約一週間程度冷蔵保存可能。
 検体を長期間保存する場合には、- 20 ℃ 以下で凍結保存する。 
* 検体は室温に戻してから使用すること。 
* 凍結保存した検体、および古い検体は遠心してから使用すること。 
* 若干の溶血は検査に影響を与えない。 
* EDTA およびヘパリンは検査に影響を与えない。

リソースのリスト
 

確認検査サービス
犬糸状虫抗原検査 確認依頼書
試験成績レポート
Dr.Atkins Report