広いダイナミックレンジ : 犬は0.5~10µg/dL、猫は0.5~20µg/dLと広範囲の測定が可能です。特に甲状腺機能亢進症の診断時の高値や治療モニタリングのトレンドをより正確に数値化できるメリットがあります。

 

高い正確性と信頼性 : 検査センターで一般的に用いられているT4測定法との高い相関*1.2が確認されています。また溶血、黄疸、乳びの影響もほとんど受けません。

 

簡便性 : 他の血液化学検査項目との同時測定が可能です。スライドを室温に戻す必要もなく、必要な時にすぐに測定できます。

1.Wolff E, Bilbrough G, Moore G, Lynn L, Murphy R, Scott-Moncrieff C. A side-by-side comparison of two assays for measuring canine and feline total thyroxine (TT4) [abstract ESVE-P-7]. J Vet Intern Med. In press.

2.Peterson ME, Rishniw M, Bilbrough GE. Validation of an in-clinic point-of-care immunoassay for measurement of total thyroxine (TT4) concentration in serum from euthyroid and hyperthyroid cats [abstract ESVE-P-1]. J Vet Intern Med. In press.1.

IDEXX カタリストOne 製品紹介ページへのリンク

クリックしてご覧ください

 

クリックしてご覧ください