Colilert® 250(※欧州専用)

大腸菌群/大腸菌 の結果が24時間で得られます

 
Drinking Water Bottled Water
 
 

IDEXX Colilert® 250 検査は 250mL 中の大腸菌群/大腸菌を 24 時間で検出し、確認された結果を提供します。

 

IDEXX のどの大腸菌群/大腸菌検査を使用すればよいのでしょうか。>比較を見る。

 
コリラート 250
 

ご質問はありますか? 

お電話でのお問い合わせ(1-800-321-0207)またはメールでのお問い合わせ(water@idexx.com)。

コリラート 250: 確かな結果を得る
のための便利なフォーマット

 

 

容易

  • 使い易いため、トレーニングを簡素化することができます。
  • 1回分ずつ包装されているので、培地を作成する必要がありません。
  • 目詰まりしたフィルターや従属栄養の妨害が原因で検査を繰り返す必要がありません。
  • 品質管理(QC)処置を15分で行うことができます。
 

迅速

  • 実際にかかる時間は1分未満。
  • 24時間以内に大腸菌群と大腸菌を同時に検出します。
  • ガラス器具の洗浄やコロニー計数を行う必要もありません。
 

精密

  • 従属栄養生物を、100 mL当たり200万まで、また250 mL当たり500万まで抑えます。
  • 従来の方法に見られる主観的な解釈を断ち切ります。
  • 1サンプル当たり1個の生存大腸菌あるいは大腸菌を検出します。
 

経済的

  • 夜間や週末の作業を最小限に抑えます。
  • 室温で12か月まで保存可能。
製品情報

サンプルサイズ: 250 mL

結果を得るまでの時間: 24 時間

保存可能期間: 温度
2–30°C で 12 か月まで

読取: 大腸菌群が存在すると、サンプルは黄色になり、大腸菌のが存在すると、蛍光を発します。

適用: 存否判定

 

スナップパック(水サンプル250-mL 用):

  • 検査パック(20回分) #WP250-20I
  • 検査パック(100回分) #WP250-100I

Colilert® 250 のしくみ

 

コリラート 250 は特許取得済みの特定酵素基質法® (DST®) を使用して、大腸菌群と大腸菌を同時に検出します。 2つの栄養指標、ONPGとMUGはコリラートの主要な炭素源で、大腸菌の酵素β-ガラクトシダーゼおよび大腸菌の酵素β-グルクロニダーゼによって代謝されます。

 

As 大腸菌群はコリラート250の中で成長するにつれ、β-ガラクトシダーゼを使用してONPGを代謝し、無色から黄色に変色させます。

 

 

大腸菌β-グルクロニダーゼを使用して、MUGを代謝させ、蛍光を発します。 ほとんどの非大腸菌群にはこれらの酵素がないため、成長したり妨害したりすることはできません。

 

 

これらの酵素を持つわずかの非大腸菌は、コリラート250専用に定式化されたマトリックスによって選択的に抑制されます。

 

このアプローチは従来の培地とは異なり、標的生物と非標的生物の両方の成長を支える栄養豊富な環境を提供します。 非標的生物が成長し、標的生物を模倣すると、偽陽性が生じます。 非標的生物の成長はまた、標的生物を抑制し、従来の培地では偽陰性になることもあります。 非標的生物を抑制するために、従来の培地には多くの場合、高濃度の塩類、洗剤、その他の選択剤が含まれていますが、その結果、不注意に標的生物を抑制してしまったり、さらに偽陰性になってしまったりする可能性があります。

 

コリラート 250を使用するための2ステップガイド

 
存否(P/A)
 
 

手順1

試薬をサンプルに加え、24時間培養します。

 
   
 

手順2

結果を読み取ります:

  • 無色=陰性
  • 黄色=すべて大腸菌群
  • 黄色/蛍光 = 大腸菌
 

よくある質問

 

Colilertの保存条件は?

2~30°℃の場所で、多湿・直射日光を避けて保管してください。

 

Colilert コンパレーターとは何ですか?

Colilertコンパレーターとは陽性確認液です。陰性と陽性を区別する際の手助けとなります。

 

Colilert コンパレーターはどのように使用しますか?

24~28時間培養後、コンパレーターとサンプル容器の色を比較します。黄色もしくは蛍光が、コンパレーターと同等もしくはそれ以上だった場合、陽性と判定します。

 

コリラート 250粉末の色と質感はどんな状態であるべきですか。

コリラート 250試薬粉末は、乾燥した自由流動性の粉末で、色は白色からオフホワイトでなければなりません。 粉末の色または完全性に関して懸念がある場合は、IDEXX 技術サービスにご連絡ください。

 

Colilert 250 サンプルの結果は 28 時間後でも読み取れますか?

はい、結果が陰性の場合は可能です。 菌の植え付けが済んだ Colilert 250 サンプルが、不注意で 28 時間以上培養された場合、黄色にならない場合は有効な陰性検査です。28 時間後の黄色は無効なので、再検査または検証の必要があります。

 

24 時間が経過する前に、Colilert 250 サンプルの結果を読み取れますか?

はい、結果が陽性である場合は有効です。 24 時間が経過する前に、菌の植え付けが済んだ Colilert 250 サンプルが大腸菌群と大腸菌に対して陽性結果を示す場合、大腸菌群と大腸菌の両方に対して有効な陽性検査となります。 24 時間が経過する前に、サンプルが大腸菌群のみに対して陽性結果を示す場合、このサンプルは大腸菌群に対してのみ有効な陽性検査となります。 ただし、大腸菌の存否を判断するには、より長い期間にかけて(合計で 24 時間かけるが、48 時間を超えないこと)培養する必要があります。

 

検査の培養時間が24~28時間に制限されている理由は何ですか。

Colilertは、大腸菌以外のONPGもしくはMUG陽性細菌を28時間抑制するよう設計されています。培養時間が28時間を超えると、そのような細菌がColilertの抑制システムを超え、ONPGもしくはMUGと反応する可能性があります。培養時間が28時間を超えた場合、陰性結果のみが有効となります。陽性だった場合、再検査もしくは従来の方法で確認検査を実施する必要があります。

 

コリラート 250の結果を定量できますか。

いいえ、コリラート 250はサンプルの250 mLでのみ働きます。したがって、それは100 mLのサンプルが必要なQuanti-Tray もしくは Quanti-Tray/2000と共に使用することができません。

 

Colilert-18 サンプルの廃棄に関する要件は何ですか?

施設における細菌バイオハザード物質の適切な廃棄については、地方、州、および/または連邦当局に確認してください。

 

Colilert-18 による検出の限界値は?

Colilert-18 は大腸菌群と大腸菌を 1 organism/100 mL から検出できます。

 

Colilert-18 の保存可能期間はどの程度ですか?

Colilert-18 は、製造年月日から 15 ヶ月まで保存が可能です。

 

コリラート 250: 確かな結果を得るために必要なすべてを備えています

 
 

コリラート 250のリソースライブラリ

 

すべての製品のリソースライブラリを見る。