Colisure®

長い判定時間により、大腸菌群/大腸菌検出に利便性を提供します。

 
Drinking Water Bottled Water Recreational Water Pool-Spa Water Groundwater
 
 

Colisure® は、24時間で確実な結果が得られ、最大48時間まで判定することができます。

 

どの大腸菌群/大腸菌検査キットを使用すればよいでしょうか。 比較を見る。

 
Colisure
 

ご質問はありますか?

お電話でのお問い合わせ(03-5301-6800) もしくは メールでのお問い合わせ(water-jp@idexx.com)。

Colisure: 結果の持続性、確かな結果

 

 

簡便

  • わかりやすい赤紫色で、結果判定が容易です。
  • 使い方は簡単で、トレーニングは不要です。
  • 1回分ずつ包装されているので、培地を調製する必要がありません。
  • 品質管理(QC)手順は15分で終了します。
 

迅速

  • 作業にかかる時間は1分未満
  • 24時間以内に大腸菌群と大腸菌を同時に検出します。
  • 確定試験の必要はありません。
  • ガラス器具の洗浄やコロニー計測を行う必要もありません。
 

正確

  • 24時間で確実な結果が出ます。最長48時間まで判定可能です。
  • 大腸菌を特定して検出するため、非標的細菌について、不要な報告をする必要はありません。
  • 100mL当たり200 万までの従属栄養細菌を抑制します。
  • 従来法のような主観的な解釈を不要にします。
  • 100mlあたり1cfuから大腸菌を検出します。
 

経済的

  • 夜間や週末の作業を最小限に抑えます。
  • 室温で、製造から12か月間保存可能です。
 

柔軟性

  • Colisure® スナップ・パックは定性試験および定量試験に使用可能です。
  • Quanti-Tray®は希釈なしで最大200mpn/100mLまで測定可能です。
  • Quanti-Tray®/2000は希釈なしで最大2,419mpn/100mL まで測定可能です。
製品情報

検水量: 100 mL

培養時間: 24時間 (判定は最大48時間まで)

保存期限:2~25℃で、製造から12か月間

判定: 大腸菌群が存在すると、サンプルは赤紫色に変わり、大腸菌が存在すると、赤紫色かつ蛍光を発します。

用途: 定性試験もしくはIDEXX Quanti-Tray®, Quanti-Tray®/2000 による定量試験

 

100mL検体用スナップパック:カタログNo.

  • 20回分:WCLS20I
  • 100回分:WCLS100I
  • 200回分:WCLS200I

Colisure® の原理

 

 

Colisure®は特定酵素基質法® (DST®)の栄養指標であるONPGとMUGを利用して、大腸菌群および大腸菌を検出します。 大腸菌群がもつβ-ガラクトシダーゼ酵素により、CPRG が代謝され、黄色から赤紫色に変色します。 大腸菌がもつβ-グルクロニダーゼ酵素がMUGを代謝し、サンプルは蛍光を発します。

 

 
 
Colisureの使用法を見る

 

 

 

 
 
Quanti-Trayの使用法を見る

 

 

 

 
 
Quanti-Tray/2000の使用法を見る

 

 

 

 

 

Colisureの詳細な使用方法

 
定性試験
 
定量試験 
       
 

手順1

サンプルに試薬を加え、24時間培養します (35±0,5 °C)。

  

手順1

サンプルに試薬を加えます。

 
       
 

手順2

結果を判定します。:

  • 黄色 = 陰性
  • 赤紫色 = 大腸菌群 陽性
  • 赤紫色かつ蛍光発光 = 大腸菌 陽性
  

手順2

Quanti-Tray® (測定可能菌数1–200) または Quanti-Tray®/2000 (1–2,419)にサンプル全てを注ぎ入れます。

 
       
     

手順 3

Quanti-Tray® 用シーラー で密封し、24時間培養します (35±0,5 °C)。

 
       
     

手順 4

Quanti-Tray -結果判定:

  • 赤紫色のウェル = 大腸菌群陽性
  • 赤紫色かつ蛍光発光のウェル = 大腸菌 陽性
  • 陽性ウェルを数え、最確数(MPN)表を用いてMPN値を算出します。
 
       
     

Quanti-Tray/2000 -結果判定:

  • 赤紫色のウェル = 大腸菌群陽性
  • 赤紫色かつ蛍光発光のウェル = 大腸菌 陽性
  • 陽性ウェルを数え、最確数(MPN)表を用いてMPN値を算出します。
 
 

よくある質問

 

Colisureは米国EPAによって承認されていますか。

はい、Colisure は米国環境保護局(EPA)から、飲料水中の大腸菌群/大腸菌の検出、および地下水中の大腸菌の検出方法として承認を得ています。

 

Colisure による検出の限界値は?

Colisure は大腸菌群と大腸菌を 1 organism/100 mL から検出できます。

 

Colisure の保存可能期間はどの程度ですか?

Colisure の保存可能期間は、製造年月日から 12 ヶ月以内です。

 

Colisureの保存条件は?

2–~25° ℃の場所で、多湿・直射日光を避けて保管してください。

 

なぜ培養時間は 24~28 時間に制限されているのですか。

Colisureには、最大48時間まで、大腸菌以外のCPRGあるいはMUG陽性菌を抑制する成分が含まれています。 培養時間が48時間を超えると、抑制作用がなくなり、そのような非標的細菌がCPRGまたはMUGに反応し増殖するようになります。 培養時間が48時間を超えた場合は、陰性結果のみ有効です。 陽性の場合には確認試験が必要となります。

 

サンプルの結果は 48 時間後でも読み取れますか?

菌の植え付けが済んだ Colisure サンプルが、不注意で 48 時間以上培養された場合、赤色または赤紫色にならない場合は有効な陰性検査です。48 時間後の赤色または赤紫色は無効なので、再検査を行うか、従来の手法で確認する必要があります。

 

24 時間が経過する前にサンプルの結果を読み取れますか?

24 時間が経過する前に、菌の植え付けが済んだ Colilert サンプルが大腸菌群と大腸菌に対して陽性結果を示す場合、このサンプルは大腸菌群と大腸菌の両方に対して有効な陽性検査となります。 24 時間が経過する前に、サンプルが大腸菌群のみに対して陽性結果を示す場合、このサンプルは総大腸菌群に対してのみ有効な陽性検査となります。 ただし、大腸菌が存在するかどうか判断するには、より長い期間(少なくとも 24 時間、合計が 48 時間を超えないこと)かけて培養する必要があります。

 

Can I use Colisure with Quanti-Tray and Quanti-Tray/2000?

Yes, when using Colisure with Quanti-Tray, Quanti-Tray/2000 or any multiple-tube format, be sure to use an IDEXX vessel with antifoam, such as IDEXX Antifoam Solution.

 

Colisure サンプルの廃棄に関する要件は何ですか?

施設における細菌バイオハザード物質の適切な廃棄については、地方、州、および/または連邦当局に確認してください。

 

Colisure: 確かな結果を得るために必要なキットです。

 
 

Colisureのツール/資料

 

すべての製品のリソースライブラリを見る。