Enterolert®-E

24 時間で腸球菌の結果が出ます。

 
Drinking Water Bottled Water Recreational Water Wastewater Groundwater
 
 

Enterolert®-E 検査は欧州市場向けに開発され、腸球菌、ISO 7899-1、EU 水浴場の水質指導規定の標準方法 ISO 7899-1 に相関します。

Enterolert-Eは一晩で正確に定量化できるため、以下のことが可能になります:

  • 標準方法の半分の時間で腸球菌による汚染を検出します。
  • 面倒な膜ろ過作業をやらなくて済みます。確認、移動手順、フィルタリングの必要がありません。

 

どのIDEXX腸球菌検査を使用すればよいのでしょうか。比較を見る。

 
Enterolert-E
 

ご質問はありますか?

お電話でのお問い合わせ(1-800-321-0207)またはメールでのお問い合わせ(water@idexx.com)。

Enterolert-E: 結果に自信を持つことができます。

 

 

容易

  • 培地の準備は必要ありません。
  • オートクレーブ滅菌の必要がありません。
  • コロニー計数の必要がありません。
  • ガラス器具をきれいにする必要がありません。
 

迅速

  • 実際にかかる時間は1分未満。
  • 24時間で結果が完了。
 

精密

  • ISO Method 7899-1に関連。
  • 100 mL当たり1個の腸球菌に感受性がある
  • 稀釈せずに100 mL当たり最高2,419個まで腸球菌を測定します (Quanti-Tray®/2000を使用)。
  • 従来の方法に見られる主観的な解釈を断ち切ります。
 

高いコスト効率

  • 保存可能期間が最長12か月なので、廃棄物を最小限に抑えることができます。
  • 24時間で検査できるため、培養器のスペースをセーブできます。
リソースのリスト
 
 
製品情報

サンプルサイズ: 100 mL

結果を得るまでの時間: 24 時間

保存可能期間:温度 2~30°C で 12 か月まで

読取: サンプルに腸球菌が存在すると、蛍光を発します。

適用:IDEXX Quanti-Tray®Quanti-Tray®/2000 または複数管による最確数(MPN)検査を使用した存否判定または定量試験

 

スナップパック(100-mL水サンプル用):

  • 検査パック(20回分) #WENTE020
  • 検査パック(100回分) #WENTE100
  • 検査パック(200回分) #WENTE200

Enterolert®-E のしくみ

 

Enterolert-E は 特定酵素基質法 R (DST®) の栄養指標を使用して、腸球菌を検出します。 腸球菌によって代謝されると、この栄養指標は蛍光を発します。 STの精度は改善し、従来の培地で使用される危険なアジ化ナトリウム反応抑制剤の必要性をなくしました。

 

 
 
Enterolertの使用法を見る

 

 

 

 
 
Quanti-Trayの使用法を見る

 

 

 

 
 
Quanti-Tray/2000の使用法を見る

 

 

 

 

 

Enterolert-Eを使用するためのステップバイステップガイド

 
定量化
 
 

手順1

試薬をサンプルに加えます。

 
   
 

手順2

Quanti-Tray® (測定数1–200) または Quanti-Tray®/2000 (測定数1–2,419)に注ぎ入れます。

   
 

手順3

Quanti-Tray® シーラーで密封して、41°Cで24時間培養します。

   
 

手順4

青い蛍光は、腸球菌の存在を示します。 陽性(蛍光)ウェルを数え、MPN表を参照してMPNを測定します。

 

よくある質問

 

Enterolert-E はどのように使用すれば良いですか?

Enterolert-E は欧州での使用向けに開発されました。 EU 水浴場の水質指導規定の標準方法 ISO 7899-1 に相関します。

 

Enterolert-E は腸球菌のどの種を検出できますか?

Enterolert-E が検出できる腸球菌の種を次に示します。faecalis(フェカリス)、faecium(フェシウム)、avium(アビウム)、gallinarum(ガリナルム)、casseliflavis(カセリフラブス)、およびdurans(デューランス)があります。

 

Enterolert-E による検出の限界値は?

Enterolert-E は腸球菌を 1cfu/100 mL から検出できます。

 

Enterolert-E の保存可能期間はどの程度ですか?

Enterolert-E の保存可能期間は製造年月日から 12 ヶ月以内です。

 

Enterolert-Eの推奨保管条件は何ですか。

温度 2–30°C の場所に、光を避けて保管してください。

 

Enterolert-E 粉末はどのような色・状態ですか?

通常、Enterolert-E 試薬は褐色で、乾燥したさらさらの粉末です。 粉末の色や状態について懸念がございましたら、IDEXX テクニカル サービスに電話(0422-71-5921)または電子メール(water-jp@idexx.com)でご連絡ください。

 

Enterolert-E には、コンパレータがありますか?

Enterolert-E には、コンパレータがありません。結果判定時は、陰性コントロールと比較してください。

 

Enterolert-E サンプルの廃棄に関する要件は何ですか?

施設における細菌バイオハザード物質の適切な廃棄については、地方、州、および/または連邦当局に確認してください。

 

Enterolert-E: 確かな結果を得るために必要なすべてを備えています

 
 

Enterolert-Eのリソースライブラリ

 

すべての製品のリソースライブラリを見る。