Filta-Max xpress®

画期的なフィルタ処理

 
Drinking Water
 
 
特にクリプトスポリジウムジアルジアの効率的で迅速な溶出のために造られた完全自動システム

 

2分未満でサンプルを検査できます

IDEXX Filta-Maxxpress®システムは、クリプトスポリジウム類とジアルジア種を検出・回収するための迅速で効率的な技術です。

 

フィルター・モジュールは広範囲の原水マトリックスから標的生物を捕らえるために最適化されました。

 

特別に開発された溶出バッファーが、気圧によってフィルターを通して押し出され、ボタンを押すだけで迅速かつ簡単に標的生物が溶出するような溶出工程が開発されました。 発泡フィルターのユニークな構造と一体になって、バッファーの機能は極めて効率的なプロセスをもたらします。

Filta-Max xpress
 

ご質問はありますか?

お電話でのお問い合わせ(1-800-321-0207)またはメールでのお問い合わせ(water@idexx.com)。

Filta-Max xpress®は、ボタンを押すだけで、2分以下でサンプルを処理できます。

 

 

自動調整

  • 溶出を完全自動化しました。
  • ボタンを押すと、作動します。
  • 必要な器具は最小限です。

 

優れた処理

  • 作業に時間はほとんどかかりません。
  • 最速でのサンプル処理が可能です。

  • 所要時間は、サンプル・マトリックスにかかわらず、1つのサンプル当たり2分以下です。

 

優れたコスト効率です。

  • 労力が少なくてすみます。
  • 自動化により、ユーザによるばらつきを最小化します。
  • トレーニングは最小限ですみます。
  • お客様の研究室の生産性をさらに高めます。
     

 

Filta-Max xpressにより、サンプリングが簡単になります。

Filta-Max xpress は、様々なサンプル採集 (PDF)
と処理の選択肢をお届けします。 最適なオプションをお選びください。

製品情報

サンプル サイズ: 圧力溶出ステーションと溶出の手順は、
10~1,000 リットルの水サンプル用です。

処理時間: 1サンプル当たり2分。

保存可能期間: フィルターモジュールの保存可能期間は15か月間です。

保管: 温度16–24⁰C の乾燥した場所で直射日光を避けて保管してください。

適用: 広範な処理済み/未処理水サンプルからクリプトスポリジウムジアルジアを検出・回収するため、特別に設計された圧力溶出ステーションと発砲フィルター助剤。

Filta-Max xpress®のしくみ

 

Filta-Max xpress® システムは、IDEXXの泡ろ過技術専門知識を利用してクリプトスポリジウムジアルジアの画期的な検出と回収方法を生み出しました

 

発泡技術の利点をすべて保持しながら、新しいフィルタは特に以下のために作られました:

  • 広範囲の不明瞭なマトリックスから、オーシストやシストを有効に検出・回収。
  • 検査の処理部分を大幅に簡素化し、時間と労力を節約。

 

フィルターモジュール:フィルタ・モジュールは、直径5.5cm(直径穴1.8cm)の40枚の網状発泡ディスク、および直径4.0cm(直径穴1.8cm)の39枚のディスクで構成されます。 ディスクはすべて1cmの深さがあります。

 

ディスク: ディスクは、高さ79cmまで交互に積み重ねられ、次に、高さ3.0cmまで圧縮されます。 保持ボルトが圧縮状態を維持します。 これによって、圧縮比が13.3倍の外部領域と圧縮比が26.6倍の内部核から成るフィルタ・モジュールが生成されます。

 

フィルタのハウジング: フィルタはサンプリングで再使用可能なフィルタハウジングに置かれます。

 

サンプリング・プロセス: サンプリング・プロセス中に、外部領域は前フィルターとして、また内部核はバリアとしての役目を果たします。 その結果、より大きな微粒子が前フィルターで捕えられ、大多数の標的生物は、内部領域と外部領域の間のインターフェースに閉じ込められる形になります。

 

Filta-Max xpress® では、空気圧が、フィルターを通って特別に設計された溶出バッファーを押します。

 

バッファーの動きにより、フィルターの内側に生成されるせん断力とともにフィルタ・マトリックスから標的生物を迅速・効率的に溶出させます。

 
Sample collection: Sample filtration in the laboratory using a Filta-Max xpress filter module and housing


 
Elution using Filta-Max xpress: Elution of filter module using the IDEXX Filta-Max xpress elution station


 
Centrifugation: Concentration of the sample after elution using Filta-Max xpress


 
Immunomagnetic separation: The use of antibody-coated paramagnetic beads to efficiently separate Cryptosporidium oocysts and Giardia cysts from the water concentrate


 
Staining: DAPI and FITC staining of sample slides


 
Microscopy: Organism identification and enumeration


 

 

Filta-Max xpressを使用するためのステップバイステップガイド

 
 
 
 

手順1

フィルタハウジングにFilta-Max xpressフィルタ・モジュールを設置し、必要なソースに接続します。
(IDEXXのクィックコネクト・フィッティングにより、フィールドサンプルやグラブサンプルの取り扱いが簡単になります)

 
   
 

手順2

サンプリング後、フィルターハウジングを直接IDEXX Filta-Max xpress 圧力溶出ステーションに取り付けることができます。 (他のサンプリングのオプションもご利用いただけます。)

  Filta-Max xpress サンプリングオプションを見る

 

よくある質問

 
 
一般的な質問
 

Filta-Max xpress® は、米国 EPA による承認を取得していますか?

はい、Filta-Max xpress は、Methods 1622 と 1623 の下で、米国環境保護局(EPA)による承認を取得しています。

  • 地下水および飲料水の基準局とリスク管理部門、2007 年 1 月 11 日

 
 
圧力溶出ステーションに関する質問
 

溶出後の最終容積はどれほどですか?

最終容積は 400–450 mL です。

 

オーシストやシストの完全性に対する影響はありますか?

IDEXX では、さまざまな年齢のオーシストやシストに対して実験を行いましたが、形態または形態計測に変化はありませんでした。

.

 

Filta-Max xpress による回収の方が一貫性があるか、高い回収を達成できますか?

回収は Filta-Max® と同等であるか、Filta-Max よりも優れており、高い精度が確認されています。

 

IDEXX は Filta-Max xpress の開発において、どのマトリックスを使用しましたか?

IDEXX は地理的に広範な場所から得られた、困難なマトリックスで実験を行いました。

 

Filta-Max xpress 圧力溶出ステーションを使用した場合、交差汚染の可能性は存在しますか?

溶出ステーションは正圧を使用してフィルター モジュールからオーシストやシストを溶出し、ユニット自体を汚染するリスクを最小限に抑えます。 IDEXX では、各溶出ステーションに対して出口ダイバータを提供しているので、検査室はサンプル間でダイバータを切り替えることができます。 これらのコンポーネントは手作業で清掃するか、オートクレーブ内で清掃できます。 IDEXX では、標的細菌(例: 106)の高スパイクの使用による交差汚染の可能性について研究を行いましたが、交差汚染の証拠は見つかりませんでした。

 

圧力溶出ステーションは較正が必要ですか。

機械は製造時点で較正されているため、その後もう一度較正する必要はありません。 圧力をチェックできる低圧/高圧ゲージがあります。 高圧ゲージは5バール、低圧ゲージは0.5バールでなければなりません。

 

圧力溶出ステーションはどれほど堅牢ですか?

IDEXX で平均故障間隔に関する分析を行ったところ、溶出ステーションは 85,000 サイクルでも正確に機能することが確認されました。

 

250 mL の遠心分離管を 2 本収容するため、製品を修正しても良いですか?

Filta-Max xpress は 500 mL の遠心分離管に入った 400–450 mL の総溶出量を使用するように最適化されていますが、IDEXX では代替の手順として、250 mL の遠心分離管 2 本を 1500 x g で 15 分間遠心分離する操作を検証しました。 IDEXX では、この代替手順を採用する前に、検証することを検査室に推奨します。

 

Filta-Max xpress 圧力溶出ステーションでは、どの溶出バッファーが使用されていますか?

Filta-Max xpressxpress® バッファーは、リン酸緩衝生理食塩水と Tween 20 (PBST) で構成されています。 Filta-Max xpress/i> オペレーター ガイド(生物学 (PDF) の 5 ページには、この PBST 溶出バッファーの調整法に関する指示が記載されています 。

 

バッファー カーボイは、大容量のカーボイに適合しますか?

蓋は、直径 83 mm の密封装置の付いた大型のカーボイと交換可能です。

 

QC 本体と溶出ステーションは、どのように清掃すれば良いですか?

QF ステムはアルコール ワイプで清掃できます。ただし、正圧を使用して溶出を行うことで、交差汚染のリスクを最小限に抑えることができます。

 

400~450 mL のような大容量を遠心分離する場合、最大限の回収を達成するため、考慮すべき事項はありますか?

振動を最小限に抑え、遠心分離のバランスを保ち、わずかに高い遠心速度(2000 g)を使用するよう推奨します。

 
 
サンプリングに関する質問
 

サンプリングの後にハウジングに残留する量はどのくらいですか?

通常、サンプリングの後、ハウジング内に 0–50 mL の量が残留します。 この残留物は、最初の溶出サイクル中にパージされます。

 

既存の Filta-Max MKI ハウジングや、ホーステール継手の付いたハウジングは、Filta-Max xpress 圧力溶出ステーションで使用できますか?

圧力溶出ステーションで使用できるのは、正しい継手の付いた Filta-Max ハウジング(MKII)のみです。 フィールド サンプリングには、Filta-Max MKI ハウジング、およびホーステール継手の付いた Filta-Max MKII ハウジングを使用できます。ただし、溶出プロセス用の適切な継手の付いた MKII ハウジング内にフィルター モジュールを配置する必要があります。

 

Filta-Max xpress 圧力溶出ステーションと一緒に使用できるように、MKII ハウジングを変換できますか?

はい。 IDEXX では、MKII ハウジングに適合するように QF ステムと QC 本体を含むキットを提供しています。 IDEXX では、フィルター ハウジングを迅速に装着できるよう、サンプリング ホースに装着できるサンプリング キットも提供しています。

 

Filta-Max xpress 圧力溶出ステーションと一緒に使用するには、どの圧力を推奨しますか?

最小入力圧力: 65 psig (4.5 bar)
最大入力圧力: 150 psig (10.3 bar)

動作圧力: 72.5~116 psig (5~8 bar)

 
Qorpak is a registered trademark of All-Pak, LLC. Swagelok is a registered trademark of the Swagelok Corporation.
 

Filta-Max xpress:確かな結果を得るために必要なすべてを備えています

 
 

Filta-max xpressのリソースライブラリ

 

すべての製品のリソースライブラリを見る。