IDEXX院内検査機器

効率性と正確性を向上させる人工知能

あらゆる分野で人工知能(AI)の活用が進んでおり、獣医療も例外ではありません。獣医療では、特に診断や検査における活用が進んでいます。

患者の画像や検査結果などの大規模なデータセットをAIの学習に使用することで、複雑な病気を高い精度で検出できます。獣医療に合わせ、検査結果の解釈や診断、治療を提案するAIも登場しています。不整脈などの心疾患発見に有用なAIを活用した聴診器もあります。これらは、獣医療におけるAI活用例のほんの一部です。

獣医師が臨床判断を下すとき、テクノロジーは合理的で信頼できるサポートをします。

veterinarian talking to technician with corgi on exam table.

動物病院の効率性と正確性を向上させるため、人工知能(AI)がどのように役立つか紹介します。

効率的なリアルタイムケア

先端テクノロジーの活用により、動物病院の業務効率化が進んでおり、リアルタイムケアが実現されつつあります。例えば、血球細胞の鑑別プロセスを自動化することで、顕微鏡で検査する作業を軽減することができます。そして、AIを活用することで、正確な尿沈渣の検査結果を数分で得ることができます。

これが、尿沈渣分析装置 セディビューDxの特長です。倒立顕微鏡と高解像度のカメラで画像を取得し、AIによって評価を行います。

得られる結果
  • 桿菌と球菌の有無
  • 細胞:赤血球、白血球、扁平上皮細胞、非扁平上皮細胞
  • 結晶:シュウ酸カルシウム二水和物、ストルバイト、尿酸アンモニウム、ビリルビン、その他の不定形の結晶
  • 円柱:硝子円柱、非硝子円柱

検査結果が素早く得られるだけでなく、飼い主様にも理解いただきやすい画像も提示されます。また、手作業での顕微鏡検査にかかる時間が短縮されることで、飼い主様への結果説明や治療により多くの時間を充てることができるようになります。

優れた精度

検査機器は、効率化だけでなく、臨床判断に役立つ検査結果を提供するためのAIを搭載しています。

完全血球計算(CBC)は、重要なスクリーニング検査であり、正確性と網羅性、信頼性が必要です。AIや機械学習の進歩により、血球細胞の鑑別はより早く、より正確になっています。さらに、予めプログラムされたアルゴリズムにより、CBC結果によく見られる異常なパターンを簡単に識別できるようになっています。

自動血球計算装置 IDEXXプロサイトOneにも同様のテクノロジーが搭載されています。AIは、4つのセンサーからの5つの情報を解析することで細胞を測定、分類します。断片化した細胞などの影響を受けず、より正確に血球細胞の分類が可能となります。

プロサイトOneは、検査結果のパターンを自動で解析し、結果解釈をサポートするコメントを提示します。例えば、リンパ球減少症がみられる場合、検査機器が検知して通知をします。 

セディビューDxは、AIを利用して尿検体に含まれる有形成分を分析します。測定を開始すると、機器内の遠心分離機で遠心されたのち、倒立顕微鏡で高解像度の画像を取得します。画像は、AIにより処理され検査結果が提供されます。

セディビューDxのAIは、学習データとして8億枚以上(2022年時点)の尿沈渣画像を使用しています。セディビューDxご利用の病院様で検査が行われるたびに学習データが増え、さらに異常の検出精度が向上していきます。

検査エラーの低減

先端テクノロジーを活用するメリットは、検体処理の効率化や検査精度向上だけではありません。最新の高性能な検査機器は、検査エラーが発生した時にフラグを立てるなど、アラートやフィードバックを提示するよう設計されているため、再測定する際の作業などを低減することができます。

血液化学検査器IDEXXカタリストOneにもこの技術が搭載されています。検体をセットしたスライドには、それぞれのバーコードがあり、検査器ではバーコードを読み取って測定に活用しています。スライドに光を照射する時間や、スライドからの反射光を評価する方法、その評価から検査結果の数値を算出する、など検査担当者が理解しておく必要はありません。また、このシステムは様々な追加分析を行います。

カタリストOneのAIは、画像認識システムと連動しており、読み込みエラーが発生した時や、検査準備ができたときに通知します。検査に必要な準備が全て整っているか確認するため、不足があれば通知され必要なものを正確に把握することができます。


IDEXXは今後も院内検査機器へのAI搭載・活用に向けた取り組みを積極的に進めます。テクノロジーの発展に伴い、さらなるAIの活用が期待されます。獣医療においても、テクノロジーが進化し、より高い精度で診断に役立つ知見を提供できるようになるでしょう。

こうした機能や進歩のすべてが、患者様と医療チームへと還元されます。IDEXXの検査機器は、医療現場の効率を高め、診断の精度を向上させることができます。医療水準の向上と適切な治療の実現に貢献します。

診療現場を支える、進化するテクノロジー

Veterinary technician holding brown dog with a ProCyte One analyzer on the shelf.

診療現場と共に進化する獣医療テクノロジー

診療現場でのスムーズな作業を裏で支える、プロアクティブな院内テクノロジー。記事を読む

man holding orange and white cat.

獣医療をサポートするスマートカメ

スマートカメラにより、エラーを未然に発見し、品質管理をサポートします。記事を読む

特定の検査機器について、担当者がご案内します。