カタリスト トータルT4

カタリストOneとカタリストおよびカタリストDx 血液化学検査用のトータルT4 スライド 

高齢犬や猫を対象に血液検査を行う場合は、常にカタリスト トータルT4 も行うようにします。

健康そうに見える成犬に対して行われた検査プロファイルの7つのうち1つは、トータルT4 (血清総サイロキシン)が低かったため、甲状腺機能低下症または非甲状腺疾患が示唆されました。1

 猫の10匹に1匹が一生のうち甲状腺機能亢進症を発症します。2


調査

獣医内科学会誌:院内検査結果の精度は、参照試験所の精度に匹敵します 

Graham Bilbrough医師は、ブログで日本獣医学会の学術誌に発表した研究に関する詳細を発表しました。院内で行うTT4 検査は、参照試験所の検査と同等の精度です。3,4

Dr. Graham Bilbrough and a Catalyst slide

検査のガイドライン

犬や猫に対するトータルT4 (血清総サイロキシン)の検査結果が出た後に取るべく次のステップ


犬と猫のトータルT4 の検査結果、治療、モニタリングに関するGraham Bilbrough医師による短い動画をご覧ください。

使い方

 

患者様の甲状腺の健康状態を包括的に確認するために、カタリスト トータルT4 を患者プロファイルに追加する作業は数秒で済みます。
保管と取扱いの要件
  • 冷蔵庫で保管してください。凍結しないでください。
  • 温める必要はありません – 冷蔵庫から取り出して検査します。
  • トータルT4 (TT4) スライドと試薬は、ポーチに入れ、室温で最大8時間保管できます。8時間後に未使用のものは冷蔵庫に保管します。5回以上回転しないでください。
  • 全血、血清、または血漿を用いることができます。推奨される検体量:

全血600–800 μl
血清/血漿:65μl(他のスライドで採決する場合は300μl)


よくあるご質問

カタリスト トータルT4 の使用に関する よくあるご質問 に対する最も一般的な回答


関連資料


関連製品

カタリストトータルT4 を最大限にご活用ください。

Catalyst One Chemistry Analyzer

精度の高い血液化学検査の結果を入手

カタリストOne血液化学検査器では、一度の検査で、トータルT4、血液化学検査、電解質検査、その他多くの検査結果を表示します。

Clip bundle for the Catalyst One Chemistry Analyzer

血液化学分析プロファイルのパッケージ

カタリスト猫パッケージとカタリスト高齢の動物用パッケージなら、簡単に血液化学分析プロファイルを購入し、テストを行うことができるようになります。


サポート

0120-71-4921

参考文献

  1. 院内で行われた健康状態を調べる検査における8,238頭の犬の検体の検査結果アメリカ合衆国メイン州、ウェストブルック IDEXX Laboratories社による編集日。
  2. Peterson ME.猫の甲状腺機能亢進症:甲状腺疾患の流行を起こしている原因は何ですか?またはどのようにして感染を防ぐことができますか?J Feline Med Surg(ねこの獣医学の医学雑誌)2012;14(11):804-818.
  3. Wolff E, Bilbrough G, Moore G, Lynn L, Murphy R, Scott-Moncrieff C. A 「犬と猫の総チロキシンの測定における2つのアッセイのサイドバイサイド法の比較試験(TT4) [概要 ESVE-P-7].日本獣医内科学雑誌発行
  4. Peterson ME, Rishniw M, Bilbrough GE.甲状腺機能正常と甲状腺機能亢進症の猫の血中濃度における総サイロキシン (TT4) の測定における院内の「臨床現場即時検査」イムノアッセイの検証 [概要 ESVE-P-1]。日本獣医内科学雑誌発行