IDEXX プロサイト Dx

自動血球計算装置

検査センター品質のCBC(完全血球計算)を、わずか2分で院内検査できます。

  • 3つの先進技術を組み合わせることで、CBC分析をわずか2分で可能に。
  • 赤血球や白血球の測定分布を画像化するドットプロットが、細胞異常の素早い判別をサポート。
  • 白血球5分類、網赤血球数、犬猫の血小板数を含む包括的な検査項目。
  • IDEXX ベットラボ ステーションで、操作や結果整理が簡単に。

[動物用管理医療機器・血球計数装置]

お問い合わせ

お見積もりのご要望を承ります。

IDEXXは、お客様の個人情報保護の重要性を深く認識し適正に管理します。プライバシーポリシーはこちら.

検査項目

好中球桿状核球
炎症

好中球桿状核球は、サンプルに存在することが疑われる場合に記録されます。好中球桿状核球は、炎症を示す一つの最良の指標です。

有核赤血球 (nRBCs)
脊髄損傷と過剰なRBC (赤血球数) の産生

有核赤血球は、サンプルに存在する疑いがある場合に記録されます。これらの細胞は、骨髄損傷または赤血球の極端な増加を示すもので、どちらも迅速な行動を取るよう促します。

腹部/胸部、および滑液のパラメータ*

TNCC
AGRANS
%AGRANS
GRANS
%GRANS
RBC

27全血パラメータ

RBC(赤血球数)
HCT (ヘマトクリット)
HGB (ヘモグロビン)
RETIC (% and #) (網状赤血球数、網状赤血球の割合)
RETIC-HGB (網赤血球-ヘモグロビン濃度)
MCV (平均赤血球容積)
RDW (赤血球分布幅)
MCH (平均赤血球ヘモグロビン量)
MCHC (赤血球中の平均ヘモグロビン濃度)
PLT (血小板数)
MPV (平均血小板容積)

PDW (血小板分布幅)
PCT (血小板ヘマトクリット)
WBC (白血球数)
単球(% and #)
リンパ球 (% and #)
好中球 (% and #)
好酸球 (% and #)
好塩基球 (% and #)
好中球桿状核球 (存在することが疑われる場合)
nRBCs (有核赤血球 – 存在することが疑われる場合)

これらのパラメータに関する情報:

ProCyte Dx Hematology Analyser Operator's Guide


操作

シンプルな操作で、わずか2分後に結果を出力
  • 検体量はわずか30µL※
  • 検体をセットしてボタンを押すだけ
  • 30秒で戻る検体チューブ ※機器の吸引量は約30µL。採血量は、使用するEDTAチューブの規定量によります。

その場で待つ必要もありません。わずか2分で結果を出力できるので、来院中にその場でIDEXX ベットラボ ステーション 診断レポートをお見せすることができます。

IDEXX プロサイトDx 自動血球計算装置の取扱説明書とその他の関連資料をご参照ください。


テクノロジー

CBCゴールドスタンダード技術を結集

より速く、より正確なCBC分析を可能にしたプロサイトDx。白血球5分類、網赤血球数、血小板数を含むCBC分析結果をわずか2分で手にできます。

レーザーフローサイトメトリー

細胞の内部構造まで見分けるレーザーフローサイトメトリー技術。赤色レーザー光を用いて各細胞のサイズ、顆粒度、内容物、構造の情報を取得し、網赤血球、猫の血小板の分析、白血球5分類を行います。

蛍光法

細胞内の核酸を染色して見分ける技術。網赤血球測定のゴールドスタンダードであり、白血球5分類および猫の血小板の分析をより正確なものとします。

ラミナーフロー電気抵抗法

赤血球、血小板数(犬)を高速かつ正確に測定する技術。血球を一列に並べて測定することで、血球の再カウントや舞い戻りによってカウントが曖昧になる電気抵抗法(インピーダンス法)特有の弱点を解消しました。

仕様

寸法と重量

幅:32 cm

奥行:41.3 cm

高さ:40.3 cm

重さ: 25 kg

関連製品

外注と院内の検査結果を患者様ごとに統合

IDEXX ベットコネクト プラス により、患者様の状態や経過を包括的に把握することができます。

IDEXX VetLab Station

ワークフローをシンプルに

IDEXX ベットラボ ステーション は、検査データ管理の自動化で、カルテ整理を簡単にし、転記ミスも減らします。

豊富な血液化学検査項目

カタリスト Oneは、SDMAを含むスクリーニング検査セットとともに、様々な特殊検査によって迅速な判断をサポートします。


テクニカルサポート

0120-71-4921
平日9:00-20:00 土日祝9:00-18:00 ※年末年始等臨時休業あり。

マニュアルと関連資料

IDEXX プロサイトDx 自動血球計算装置の マニュアル、クイック・リファレンス・ガイド、検体の準備の解説のポスターなど。


*報告されたパラメータの数は、種類により異なる場合があります。