IDEXX SDMA検査

SDMAの結果解釈

15 µg / dL以下

SDMAの値は正常。

SDMAの重要性を知る。

15–19 µg/dL

SDMAが高い(15 µg/dL 以上)場合は処置を行います。アルゴリズムに従い、腎臓病を発症している可能性があるかどうかを判断します。
アルゴリズムを使用する

≥20 µg/dL

SDMAの値が20 µg/dL以上の場合は、尿検査一式を行います。腎臓病を発症している可能性があります。プロトコルに従い、直ちに対処しましょう。
プロトコルを使用する

IDEXX SDMAの検査のアルゴリズム

SDMA*濃度の上昇は、糸球体濾過率(GFR)の障害を反映しています。原発性の腎臓病と合併症などの続発性の腎臓損傷の双方が、SDMA濃度の上昇の原因となっている可能性があります。このアルゴリズムに従い、SDMA濃度の上昇を調べ、急性、進行中、または慢性の腎臓損傷が起きているかどうかを判断してください。またこのアルゴリズムは、SDMAの上昇のさらなる調査、管理、プロトコルによる監視にも使用できます。

アルゴリズムとプロトコルの印刷版を入手する
アルゴリズムとプロトコルの印刷版を入手する

第一ステップ:SDMAが上昇した場合に最初に行う、損傷GFRの調査、管理と監視。

調べる

基礎疾患、治療可能な状態、合併症、慢性腎疾患(CKD)の発症の有無

基礎疾患
  • 尿路感染症(UTI)/腎盂腎炎
  • 毒性(例: NSAIDs、エチレングリコール、ユリ)
  • 急性腎障害
  • 全身性高血圧症
  • 慢性腎臓病(CKD)
検討する検査
  • 尿培養検査と最小発育阻止濃度(MIC)感受性
  • 感染症の検査
  • 腹部臓器の画像診断
  • 尿タンパク:クレアチン(UPC)比(タンパク尿)
  • 血圧 
評価する合併症
  • 水分補給状態
  • 甲状腺の状態(猫) 

管理する

基礎疾患の治療、評価した腎障害の管理、治療プロトコルの調整

適切な治療
  • 基礎疾患(腎盂腎炎、感染症など)
  • 脱水
  • 腎毒性薬(NSAID [薬剤性腎障害] など)の服用の中止
  • 高血圧
  • タンパク尿
追加のサポート
  • 十分な、きれいな水
  • 必要であれば腎臓にやさしい食事療法
麻酔プロトコルの調整
  • 輸液(静脈内または皮下)
  • 処置前、処置中、処置後の酸素療法
  • 痛み管理の調整

監視

結果の管理と監視

腎臓のバイオマーカーの監視

以下の傾向検査:

  • SDMA、BUN(尿素窒素)、クレアチニン、リン
  • 尿検査
  • 血圧
結果

GFR障害、安定

SDMAは引き続き上昇しているものの、安定
  • GFRは引き続き障害があるが、安定
  • CKD(慢性腎臓病)の可能性を検討し、IRISのCKD病期分類と治療ガイドラインを確認
  • 適切な治療を行い、経過観察する

GFR障害、進行性

SDMAが引き続き上昇
  • 進行中の腎障害
  • 再来院時に再検査:再度または追加で診断を行う
  • 支援治療の継続

GFRの回復

SDMAは正常値に戻る
  • 軽傷からの回復
  • 適切な治療への反応
  • 代償メカニズム
  • 6か月~1年以内に再確認

アルゴリズムとプロトコルの印刷版を入手する
 

IDEXX SDMAプロトコル

IDEXX SDMAプロトコル

SDMAの検査結果が上昇しているが、その他の指標は正常である場合

IRIS CKDガイドライン
IRISガイドラインに基づき病期分類と慢性腎臓病の治療を行う。

2つの選択肢: IDEXX SDMAをルーチン検査に

院内でのSDMA検査は、血液化学検査器カタリスト専用のIDEXX SDMAを含む血液化学スクリーニング検査セットで実施できます。
検査センターでは、IDEXX SDMAを含む健診および疾患スクリーニング用の血液化学検査パネルを受託しています。

*対称性ジメチルアルギニン。

すべての参考資料については、次のWebサイトをご覧ください。

ここに含まれる情報は、一般的なガイダンスのみを提供することを目的としています。他の診断または治療と同様に、各患者を診断する際には、羅患歴、身体状況、全ての検査データを含む完全な評価に基づいて、臨床的考慮をもって行うようにしてください。薬物治療または経過観察プログラムに関しては、製品の差し込み資料記載される投与量、指示、薬物相互作用、注意に関する説明を参照してください。最終的に、診断と治療の決断は、主治獣医師の責任です。